2006年10月06日

●アクアテックが倒産

下関では老舗の設備店だった、アクアテック(旧名 蔦工務店)さんが、倒産した。

倒産ではなく、再生法の申請をしたということですが、

取引先にとっては、実質倒産と同じ。

金子商会は実際、ここ最近はほとんど取引のない状態だったので、ほとんど関係なかった。

とはいえ17000円くらい、未払いがあるのだが、まぁ、このくらいなら、あまり関係ない、

(もちろん、回収できないとなればすごく悔しいです。ちくしょー)


しかしながら、某同業他社は、負債が6000万円あるとか、

あるいは、別の同業者は1億かぶったとか、

そうなると、正直、店をたたんだりするのだろうかとか、思ったりする。

やはり取引先の倒産というのは痛い。

売上が全部パーになるだけでなく、

それまでに預かった手形なども買戻しをしなければならない。

ということは、6000万円の手形が不渡りにあれば、倍の1億2000万円のキャッシュが必要になってくる。

って1億円は痛いよなー。

タイヘンだろうと思いますが、これも一つの試練なのであろう。

神様は越えられない試練は与えないといいます。

なにか、あるのだと思って頑張るしかないですよね。

Posted by yoshisuke at 09:30 | Comments [0] | Trackbacks [1]