J-POP FAN アーティスト情報百科事典 メジャーからインディーズまで:デトロイト・メタル・シティー DMC


2005年10月31日

デトロイト・メタル・シティー DMC

J-POP Wiki.com - B-Wiki - 古内東子


古内東子
『コートを買って』
furuuhchi.jpg

ケミストリーとかキリンジとのコラボレーションをしたりと、忙しかった古内さんですが、来月シングルを発売。

今回はエレクトロな雰囲気なんだそうだが・・・、

Σ(´Д`lll)

エレクトロって何


エレクトラとは、関係ないですよね?

で調べてみた

エレクトロは、80年代に画期的だったエレクトロ・ファンクを、ハウスとデトロイト・テクノに移植したようなもの。 クラウト・ロックのパイオニアであるクラフトワークのストイックなグルーヴ、このジャンルの名付け親であるアフリカ・バンバータの革新的なヒップホップ・スタイル、アーバン・ブレイクビートの創始者マントロニクスのテクノ志向、ハーヴィー・ハンコックが「Rock-It」で見せた大衆性などなど……それらすべてを豪快に混ぜ合わせているのが特徴だ。90年代後半に登場したアーティストたちは、そういった15年以上も前に発生したテクニックをまんまと採用したのである。その代表としてはDMX クルー、AUX88、I-F(インターフェランス)、レ・リズム・ディジタル、日本ではキャプテン・ファンクなどが挙げられる。

gooより

ようするに、ピコピコした電子音っぽいサウンドなのだろうか?

まぁ、そんななか、最近自分も気に入っているのは、DMS

DMSというのは『デトロイト・メタル・シティ』の略なわけで、いわゆる「音楽漫画」です。ヤングアニマルに連載中

カヒミカリイを愛する主人公がなぜか、デスメタルばんどのカリスマ「DMS」のギターボーカル、クラウザーとして悩み成長していく、涙なしには語れない物語だ。

はやくコミックスになってほしいなぁ、というか映画化を激しく希望。

主人公は誰に演じてもらったらいいだろう?なんてことを妄想してみたりする今日この頃。


ちなみにデトロイト・ロック・シティーとは、関係ない。

●→ブログランキングでデトロイト・メタル・シティー DMCの情報を探す。
カテゴリ [ 1.J-POP アーティスト ]


blank_space
投稿者 yoshisuke : 2005年10月31日 12:21
コメント
blank_space
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






blank_space
Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jpopfan.co.jp/mt/dondoko.cgi/1498


blank_space

読んでふーんと思った記事

blank_space
Best Buy

blank_space