J-POP FAN アーティスト情報百科事典 メジャーからインディーズまで:ガメラ対ギャオス


2005年07月20日

ガメラ対ギャオス

gamerataigyaosu.jpg

『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス 』


富士火山帯の異常活動で、コウモリ状の怪獣ギャオスが目覚めてしまった。夜行性で、空を飛び、人を食らいながら東海地区を破壊していくという、この凶悪な怪獣にガメラは決死の戦いを挑んでいく…。

昭和ガメラ・シリーズ第3作。本作以降、湯浅憲明が本篇と特撮、両方の監督を務めることになるが、そのフットワークのよさが怪獣同士の空中戦のスピーディーさにも見事結びつき、結果としてシリーズNo.1の人気作品として君臨することにもなった。吸血鬼をモデルにしたかのようなギャオスも屈指の敵怪獣として今なお人気が高く、その後もしばしシリーズに登場。また、血を流し傷つくという悲壮感を漂わせながらも、子どもたちのため懸命に戦うガメラという、正義のキャラクターのイメージは、本作で決定づけられたとみていいだろう。(的田也寸志)


なんというか万博つながり(むりやり?)

ギャオスは名古屋で暴れまくるわけですよ。

この時代の映画にしては、血がピューピューでちゃいます。

痛そうだなぁと子供心に感じたことを思い出しますな。

道路公団と村人の対立とか、今見ても面白いです。

というか、そのころから、高速道路って「?」だったんだなぁ。

関連記事

ガメラの思い出とか
わたしにとってトラウマになった映画が二本ある。
ギャオスの人形とか
うーん、カッコイイ(のか?)

●→ブログランキングでガメラ対ギャオスの情報を探す。
カテゴリ [ 3.水曜日のガメラ ]


blank_space
投稿者 yoshisuke : 2005年07月20日 17:40
コメント
blank_space
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






blank_space
Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jpopfan.co.jp/mt/dondoko.cgi/1304


Title: ガメラ対ギャオス(昭和版)
Excerpt: 昭和ガメラシリーズです。 「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」 子供のころに見た怪獣映画の中では No1ですね。断言します。 <あらすぢ> 富士山麓でオーム高...
From: マスターオブライフ
Date: 2006.05.10
blank_space

読んでふーんと思った記事

blank_space
Best Buy

blank_space