J-POP FAN アーティスト情報百科事典 メジャーからインディーズまで:ミドリカワ書房


2005年07月18日

ミドリカワ書房

ミドリカワ書房 J-POP界の文豪、孤高のシンガーソング・ルポライター、ミドリカワ書房。毒気と妄想が入り混じる衝撃的な歌詞で、つねにインディーズ・シーンを震撼させてきた彼がついにメジャー・デビュー! 7月20日にアルバム『みんなのうた+α』をリリースします。これは、インディーズ時代に発売していたアルバム『みんなのうた』に新曲2曲を加えたリイシュー盤で、初回盤は全11曲ものクリップを収めたDVD付き。衝撃を受けること間違いなしのデビュー・アルバムです。彼のことが気になってしまったアナタはオフィシャルサイトへ急いで! 楽曲やPVの試聴も可能です!
minnanouta.jpg

『みんなのうた + α (初回生産限定盤) [LIMITED EDITION]』

「だまって俺がついていく」


いい歌だなぁ。


つーか、家庭は大事だと思うのですが、仕事も大事です。

そんなわしは、今日も午前中事務所に出て、材料出したりとかしているわけです。

来年の今頃は卒業したいなぁ。


ミドリカワ書房オフィシャルページ

関連のブログとか
何せ自称・妄想系シンガーソングライターですからねぇ。
考えすぎなのかも
ピンなのかバンドなのかわからないのですが(笑)
友人の離婚話を元に作ったっていう歌が重過ぎて、途中で会場出ちゃいました(泣)
だって子供目線なんだもんよーよりによって。。。

すごいパワーです。
実は妻子もち?
ライブとかの感想

それにしても、なんか高校生とかって、今はちゃんと夢を持って生きているのかなーとか、いらん心配をする、おじさんなんですが。

よく考えてみると、自分が高校生の時って、そんなことは、ぜんぜん考えていなく、せつな的に適当に、らくしていけりゃぁいいなぁくらいしか思ってませんでしたよ。

今の世の中、真剣に生きていかないと、ダメみたいな論調が多いような気がしますが、なんでかなーと自分なりに考えたわけです。

なんつーか、社会に余裕がなくなっているのかなと思いますよ。

というか、いいかげんなのとか、バカとか、モノを知らない人間とかを、雇える器がなくなってきたのかなぁ。

というか、世の中に甘えている人間を養うだけの余力がないだけで、社会に寄生している人間というのは、昔から多かったのだが、それなりの肩書きを与えられていたのかもしれない。

ミドリカワ書房wiki

●→ブログランキングでミドリカワ書房の情報を探す。
カテゴリ [ 1.J-POP アーティスト ]


blank_space
投稿者 yoshisuke : 2005年07月18日 11:21
コメント

こんにちは!トラックバックありがとうございました☆

あたしはもう1年もないけれど、いちお高校生なんですよね。
でも、依然夢を模索してる状態です。
自分が何をしたいのか、何が向いてるのか、
そういうのが分かってる子は本当に少ないです。
いつの時代もそうなのかな?

とりあえず目下のところ、大学入って政治の勉強したいんです♪

なんてつまらん話たらたらとすいません⋯。
ミドリカワさん普及活動にこれからも専念してきやす。笑

Posted by: サチコ at 2005年07月18日 13:49
blank_space
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?






blank_space
Trackback
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jpopfan.co.jp/mt/dondoko.cgi/1301


blank_space

読んでふーんと思った記事

blank_space
Best Buy

blank_space